投稿者:

VAIO分解

土曜日の運動会の振り替えで今日は学校が休みなんだけど、運動会が中止になっても休みというのはなんとなく納得がいかない。月曜日が休みの前提で予定を立てている人への配慮なのかも知れないが、それだったら昨日の日曜日に登校はおかしいよなぁ。

今日は霧雨だったが、横風が強くて出社した時にはびしょ濡れ。傘は横風には無力だ。
昼前には雨がやんで日も出てきたので、図書館へ行って本を返却。予約した「大魔導師の召喚―魔法プログラマー@ウィズ」を借りる。

晴れてきたのは良いんだけど、風が妙に強い。この分なら明日の運動会は大丈夫そうだが、風がおさまらないと競技に色々と支障が出るんじゃないだろうか。

妻が自宅で使うPCが新しくなったので、その前まで使っていて色々と不具合が出ていた液晶一体型VAIOは引退。バックアップ電池が切れて時計やBIOS設定が毎回飛んでしまうのが最大の問題点だったから、これは分解してコイン電池を取り替えれば復活するはず。
と思って夜にちょっと分解してみたんだけど、これが想像以上に困難だった。ユーザが分解してボタン電池を交換する事なんか、1ミリも考えられていない潔い設計で、設計者が目の前にいたら躊躇無く蹴り倒していただろう(笑)。
まあメンテナンス製よりもコンパクトにまとめることを優先した結果なんだろうけどね。それでもバックアップ電池交換という想定範囲内の作業で、これほど厄介な設計というのは納得できない。
マザーボードは全面シールドされているんだけど、そのシールドを外す為のネジが電源ユニットの陰になっていて、ドライバーで回せないので。じゃあ電源ユニットを外せば済むかと言うと、外しただけではダメで横にスライドさせる必要がある、でも横にはHDDがしっかりと固定されているのだ(笑)。
HDDを外す為には筐体の一部を取り外さないとネジが回せないし、結局徹底的にバラさない限りは、電池交換すらできないのであった。これ普通の人はまず途中で諦めるレベル。わざと交換できにくくして、新しいの買わせようとする策略なのでは無いかと疑ってしまうぞ(笑)。
はっ!これもソニータイマーの一種なのか?(笑)。

とりあえず電池交換はできたので、200GBぐらいのHDDをどこかで調達して入れ替え、WindowsXPの代わりにUbuntuでも入れてみるかな。でも画面の輝度調整がワイヤレスキーボードからしかできないから、Windows以外のOS入れた時にどうなるかは分からない。
ネットで情報を探すとキーボードが壊れて輝度調整できなくなった人の話が結構あって、バックアップ電池と同じようにキーボードが壊れた場合も使い物にならなくなる設計らしい。やっぱり設計者蹴り倒したい(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中