投稿者:

SH-12C

関越のバス事故、客の証言によると事故前から運転手には明らかに危険な兆候が見えていたが、誰もそれを見てバスを降りたり会社に連絡する人はいなかったらしい。自分が何か言ってバスの運行が遅れたり、運休になってしまうと他の乗客から恨まれるという意識があったんだろうな。
事故が起きてからならいくらでも言えるけど、起きなかった場合にホントは死んでいたなんて誰にも分からないしねぇ。
正常性バイアス、多数派同調バイアスが働いた結果、死に繋がる事もあるというのは意識しておいたほうが良さそうだ。

カメラスタビライザーは以前からちょっと気になっているんだけど、組み立てキットで7,500円と格安な「ブレない君 PRO」は、サンプル映像を見るとかなり効果はありそうで、この値段なら食指が動く。
もっと軽量なカメラなら6,000円の「ブレない君」でも大丈夫そうだ。どっちにしても細かい調整は必要になるみたいだけどね。買うかどうかまだ決めてないけど、調整には5円玉を大量に使うので、今のうちから確保しておくか(笑)。

Android端末兼ワンセグ録画視聴機器として中古のIS01を持ち歩いていたんだけど、OSのバージョンが古すぎて対応しないアプリが多くなってきたので、オークションでIS01と同じシャープ製のAndroidスマートホンSH-12Cを新たに入手。8,900円だった。
OSのバージョンは2.3で、AndroidOSの最新バージョン4.0に比べると古いんだけど、このバージョンはかなり出回っているのでしばらくは非対応になることは無いだろう。
IS01はSIMを入れない(通信できない)状態で、WiFiのみで使っていたのだが、SH-12Cはドコモなのでドコモ回線を利用したデータ通信のみのいわゆるMVNOが使用できる。
低価格なMVNOとしては月額980円のイオンSIMが有名だけど、月額945円でそれよりも安く、速度もちょっとだけ速いIIJmioの高速モバイル/Dサービスが良さそうなので、これを入れて使ってみようと考えている。
その代わり今使っているauのガラケーのほうで、ネット契約をeメール主体の安いプランに変更してしまう作戦。これでトータルでは今よりも安くなるはず。

帰りに「風雲児たち 幕末編(20)」と「鉄腕バーディー EVOLUTION(11)」を購入。風雲児たちは連載開始が1979年で、コミックスを翌年に買ったとしたらもう32年になるのか。そんなに長いこと付き合ってきたとは。
関ヶ原から始まって、最新刊はついにあの「桜田門外の変」の決行前夜まで話が進んだ。風雲児たちは幕末群像を描くのが目的だから、桜田門外の変が幕末の始まりだとすると、32年かけて序章が終わり、やっと本編が始まることになるのか。感無量だなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中