投稿者:

Raspberry Pi到着

サーモスの真空断熱保温調理器シャトルシェフは以前から知っていたけど、それのパスタ専用版が出ているのは知らなかった。塩と熱湯とパスタを入れて茹で時間+3分待てば茹で上がるから、その間にソースを作れば良いので便利かも。
夏場は茹でるのとソース作るのでコンロ両方使ってると熱いし(笑)。

保温薫製器イージースモーカーは更に気になる製品。見た目は土鍋みたいだけど、チップと食材を入れて加熱したら、あとはまるごと保温容器にセットして待てば薫製ができるらしい。
マンションなので薫製作るのは難しいかなぁと思っていたのだが、これなら大丈夫かな?最初に加熱する時はやはり煙が出るみたいだが…
ちなみに焼き芋も美味しく作れるらしいので、薫製器として使わなくても役には立つかも(笑)。

Raspberry Piついに到着!!
957b5e64394b11e2aaa822000a1fb0dd_7
7月中旬に注文して、届いたのが11月下旬かぁ。年内に届かないのでは?と一時期思っていたけど、11月中に届いて良かった。
これで届いたのが古いリビジョンの基板だったりしたら大笑いなんだが、幸いな事にちゃんと512MB版の基板だった。見分けるポイントは基板の固定穴。これが無いのは古い基板。
46a4d5fc394d11e282b422000a1f9ab7_7
既に届いているPibowの専用ケースに入れるとこんな感じ。実際は透明アクリルのフタを最後に被せて、ネジ止めする。
176cd482394e11e2844022000a1f9adf_7
フタするとこうなる。Arduino用の透明アクリルケースも良いけど、こっちのレインボーカラーもなかなか良い感じだ。
4f7884d6395111e29d6522000a9f134c_7
でも一つ問題が。Pibowケースに入れてしまうと、コネクタ部分が大きいマイクロUSBケーブルだと引っかかって奥まで挿せなくなってしまう。普通は大丈夫だと思うけど、手元にあった何かの付属ケーブルはダメだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中