投稿者:

ディクスン・カーの孫

無料で公開されているRaspberry Piの入門テキストが、Pythonでグラフィックを描く所から始まっているのは、昔のパソコンBASICの時代を彷彿とするな。Raspberry Piの本当のターゲットが技術屋のおっさんじゃなく子供という事を考えると正しい(笑)。
Pythonはインタプリタなので、コマンドラインモードで1行入力しすると即座に実行されて結果が見えるというのも、BASICパソコン時代的だ。
それでいてGPUはOpenGL ESに対応していたりと、なにげに高性能。まだそのへんを簡単に使えるような状態にはなってないようだけど、

駅の行き先表示板にARマーカーが表示されていて、スマホをかざすといま表示されている内容が設定した言語で表示される。というのをふと思い付いたのだが、どうだろう?実現はそれほど難しくないよね。

漫画家の竹本泉先生にインタビュー。せっかくのインタビューなのに、質問の内容がちょっとありきたりな気が。「ねこめ~わく」はいつ完結するのかとか、コピー地球の謎は明かされるのかとか突っ込んだ話を聞いて欲しかったぞ(笑)。

ディクスン・カーの孫が作家デビューしているらしい。ジャック・ザ・リッパーもので時間ものというのは過去にもあったけど、読んでみたいな。翻訳される可能性はあるのだろうか?
10歳の時におじいさんの作品を読んで、自分もミステリを書きたいと思ったとかで、なかなかの筋金入り(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中