投稿者:

I2Cバス番号

休日に特に予定がない時は、自転車で行ける範囲内のパン屋とケーキ屋をチェックする事にしているんだけど、世田谷区や代々木上原界隈はその手のお店が多くて、しかも次々オープンするから結構大変。
今日は代々木上原のダリオルールでタルトとサバランを買ってきた。ここはかなり昔からあるお店らしい。

ネットでちょっと話題になっていたショートフィルム。今年のサンダンス映画祭で上映されたもので、何か考えたり閃いたりすると頭部が爆発してしまうというバカバカしい話なのに、SFXがリアルでそのギャップが面白かった。

頭部爆発SFXはスキャナーズを思い出すけど、あれは爆発する寸前にカットが切り替わって作り物にすり替わり、爆発も一瞬なんだけどこっちは爆発してから倒れるまでワンカットで映し出されている。CGで頭部をすげ替えているんだろうなぁ。こうなってしまうともう何でもアリだな(笑)。

Raspberry PiにストロベリーリナックスのI2C液晶を接続して使ってみようと思ったのだが、ブレッドボード上で結線して試すと全く認識されなくて、思いっきり悩む。ネット上にI2Cデバイスを接続する時の情報は既に色々と出ていて、それを参考にしてやったんだけど、実はそれがいけなかった。
Raspberry PiのI2Cポートは基板のリビジョンによってバスの仕様が異なり、最初にリリースされた基板と今出ているリビジョンではI2Cのバス番号が違っていたのだ。ネット上の情報はほとんどが初期リビジョンに基づいているので、その通りにやったら認識するわけがない。
バス番号を変更したらいともあっさり認識されて拍子抜け。ちゃんとネット上にはその情報もあったのに、斜め読みしていたのが敗因。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中