投稿者:

I2C問題

Raspberry PiにI2Cの温度センサーをつないで使おうとしたら、システムのバグで予想外に手こずったけど、なんとか動かすことはできた。
室温は正しく測定できているようなのだが、マイナスの値まで正しいかチェックするにはどうすれば良いのだろう?(笑)。液体窒素とか持ってないし、スーパーでアイスクリーム買ってドライアイス貰ってくるかな。

I2Cで正しくアクセスできないデバイスが存在するのは、Raspberry PiのコアであるBCM2835レベルでの問題らしく、ちょっと根が深そう。ハードのI2C機能を使わずに、ソフトウェア的に逃げればなんとかりそうだけど。

天気が微妙だけど、自転車でうろうろ。

A post shared by @tokoya on


A post shared by @tokoya on

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中