投稿者:

JIS5色法

朝に子供のお弁当を作っていたら、加熱していたフライパンが落下して足に当たり、ちょっと火傷した。
フライパンが落ちた原因は、立てかけておいたフライパンの蓋が倒れて調理用ワインの瓶に当たり、それが調理酒の瓶に当たり、それがフライパンの柄に当たって落下するという見事なドミノ倒し(笑)。これは再現しようと思ってもたぶんできないだろう。

オーディオ用のケーブルは右チャンネルが赤で左チャンネルが白になっていて、これは右(RIGHT)と赤(RED)の対応なんだろうけど、じゃあ電源の配線で良く使われるVCCが赤でGND黒というのはどこから?とふと疑問に思ってtwitterで呟いてみたら、JISの5色法からではないか?というサジェスチョンが。
もう既に廃止されてしまっているようだが、真空管時代に黒が接地で赤がグリッドの正回路と定義されていたので、確かにそれっぽいな。

そういえば以前にPCパーツショップで買ったオーディオ用のケーブル、ステレオピンプラグとRCA紅白端子のよくあるケーブルなのだが、赤が左で白が右という仕様だった(笑)。左右入れ換えて使えば実用上は問題無いんだけど…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中